インタビュー

“長寿日本一”の村のヒミツを解明中!未来を支える医学の力

公開日
取材日
“長寿日本一”の村のヒミツを解明中!未来を支える医学の力のサムネイル画像

明治乳業の研究員から高専教員の道に進まれた沖縄高専 生物資源工学科 教授の池松真也先生。これまでのご経歴や研究内容、教育への取り組み方などについてお話を伺いました。

会社員として働きながら、医学博士を取得

―まずは先生のご経歴を教えてください。

がん細胞培養を見守る池松先生。
研究室で実験中(安全キャビネットを使用して、がん細胞を培養しています)

北九州の小倉高校を卒業後、産業医科大学、鹿児島大学、大学院では医学部の生化学教室で研究させていただきました。村松喬先生の研究室に在籍させていただいていたのですが、先生が名古屋大学に移られたタイミングで、私は明治乳業に研究員として就職することになりました。

あるとき会社で、新しい医薬品開発の研究課題社内公募がありまして、私は村松先生と一緒に研究していた「特別な遺伝子がつくるタンパク質」を医薬品にすることを提案し、採用されました。

そこから村松先生の研究室と明治乳業で共同研究が始まり、私は明治乳業の研究員のまま名古屋大学大学院で研究生として約5年間を過ごし、医学博士を取得しました。会社員として働きながら博士号を取得することはかなり珍しく、名古屋大学の医学部では私で2人目だったようです。

―名古屋大学では具体的にどのような研究をされていたのでしょうか。

お気に入りの機械とともに。
次世代シーケンサー、愛機です!

「ミッドカイン(Midkine)」という遺伝子に関する研究です。この遺伝子がつくるタンパク質が、がん患者の体内に多く存在することが判明しましたので、がん治療のための研究を進めていました。しかし医薬品完成までに10年ほどの長い時間と、莫大な費用もかかるので、乳業会社として負担が大きいと上司に言われ、諦めかけていました。

そこでひらめいたのが、「診断薬にする」ということ。診断薬であれば年数も費用もコンパクトになるので、障害はなくなります。「がんの診断薬」ということで、たった一滴の血液から、がんになっているかを判別するための研究を進めることができました。

―そもそも、医学の道に進んだきっかけは何ですか?

野球少年時代の池松先生。マウンドで投げる前のポージング。
中学野球 エースで4番、いわゆる二刀流!(2回ほど俳優にとスカウトされました)

私の母が私を出産した後から体調を崩し、現在の医学では治せない自己免疫性疾患になってしまい、ずっと入退院を繰り返していました。私が高校3年生のとき、母が泣いていたので話を聞くと、「もう病院に来なくていいですよ」と言われたみたいです。治すことができないから、先生がそうおっしゃったみたいですけども、その姿がかわいそうで…。

当時は野球中心の生活をしていて、野球で食べていくつもりでしたが、母のために医学の道に進み、私が母を治すことを決心しました。

研究員から、高専教員の道へ

― 一度ご就職された後、高専教員になったきっかけは?

水色・青・緑のグラデーションが美しい沖縄の海と、緑豊か陸地。
飛行機から見た沖縄高専(コバルトブルーと薄い緑色の海がとてもきれいです)

会社が 研究開発を『LG21』や『R-1』のヨーグルトなどにも拡げていくことと並行して、私も次のステップを考えるようになり、学校の先生になり、若い人たちに自分の経験を伝えたいと思ったことがきっかけです。

そのように考えていた時に、新たに開校する沖縄高専で生化学教員を公募している情報を知人から聞き、応募しました。最終面接のときに初めて沖縄に行ったのですが、実は高いところが苦手で…(笑)。飛行機にとても緊張しました(笑)。

そして沖縄高専の教壇に上ることになりましたが、人に何かを教えた経験は塾講師のアルバイトくらいで、教えることの難しさを痛感しましたね。私は20代前半まで様々な先生の授業を受けたので、そのときの経験を活かして、どう伝えれば学生は理解できるのかを常に考えながら授業を行っています。

あまり成績が良くない学生の中には、そもそもどこがわからないか把握できていない学生もいます。その学生たちを鍛えてトップクラスにすることが、高専教員の醍醐味の1つだと思っています。

―その人材育成の方針が、「九州工学教育協会賞」の受賞につながったのでしょうか?

賞状を手に伊原校長先生と笑顔でおさまる池松先生。
九州工学教育協会賞受賞(2回目)。伊原校長先生と2ショット

「バイオインフォマティクス技術者認定試験」というものがありまして、これは大学院博士課程以上を対象にした試験ですが、本校の学生も受験し、最年少合格を3度も更新しています。

次は中学生でないと最年少合格にならないところまで来たので、学生たちも随分頑張ってくれたと思いますし、そういったことが評価されて私も賞をいただけたのかなと思っています。

―「バイオインフォマティクス」とは何でしょう?

オキハムの長濱社長と山本部長の真ん中にスーツ姿の池松先生。
バイオインフォマティクスを活用して商品化した乳酸菌飲料の発売発表会。乳酸菌LC-Ikematsu株が入っています。

生物学(バイオ)と情報処理(インフォマティクス)の接点にある学習領域の分野を指します。例えば、COVID-19はアルファ株から始まり、最近はデルタ株が流行していますよね。この株の遺伝子を調べることが“バイオ”の領域で、特定の株が社会でどのように流行しているのかをデータ処理するのが“インフォマティクス”の領域です。

この2分野どちらも対応できる人材を“バイオインフォマティシャン”と言い、高度な人材になるとデータの採取から、理解・解析・情報としてまとめ上げるまで一人で完結させることができます。

バイオインフォマティクスは非常に注目されていて、大学・大学院・企業など、さまざまな組織で力を入れている分野です。大学・大学院でも人材が足りていないようで、私の研究室で一生懸命勉強している学生は、すごく人気がありますね。沖縄県外の多くの先生から声をかけられています。

―今はどのような研究をされていますか?

研究内容のスライド。
大宜味村研究。この課題は、令和3年度から科研費 基盤Bに採択されました。

沖縄県にある大宜味村の長寿に関する研究です。大宜味村は日本一長寿の村で、90歳以上の女性の腸内に、どのような長寿の秘訣があるのか調べています。

村では週1回公民館で、高齢の方たちも参加する談話会を開催しているので、村長さんや福祉協議会の方々にお願いしてチラシを配布させていただきました。すると60人以上も集まり、人数的に断らないといけなかったのですが、「なんで私はダメなの?」と涙を流す方もいて、大変な騒ぎになりました(笑)。

結局、希望者全員に参加していただきましたが、やはり腸内に秘訣がありました。長寿は代々続いているので、お子さんやお孫さんなどを調べていくと、さらに秘訣が明らかになるのではないかと。

それを調べるときに、私たちが得意としている「次世代シーケンサー(遺伝子を調べる装置)」と「バイオインフォマティクス」の力をうまく組み合わせることで、より詳しく解析できると考えています。

感染症に打ち勝つ社会をつくるために

―沖縄高専は「GEAR5.0」プロジェクトの中核拠点校なんですね。

ギア5.0内での取組みのスライド。
【GEAR5.0】本年度から鶴岡・長岡・和歌山・宇部と協力して取り組んでいます。

GEAR5.0(未来技術の社会実装教育の高度化)は「マテリアル」や「福祉医療」など5つの分野がありますが、そのうちの1つである「防災・減災・防疫」を沖縄高専が中核となり、鶴岡、長岡、和歌山、宇部と協力して挑戦しています。実は全国の高専で“生物資源工学科”があるのは、沖縄高専だけなのです。

さらに私も企業でウイルスや微生物を扱う仕事を経験していることもあり、「COVID-19に挑もう!」と大胆なことを提案しました。これに対して、高専がどのように社会貢献し、社会実装できるのか。ユニットリーダーとして、大きなチャレンジに取り組んでいます。

―最後に、今後の目標を教えてください。

南国らしいヤシの木に右手をついて、左手でピースサインの池松先生。
南の島にて(お気に入りの1枚)

多くの人たちが、健康で楽しい人生を過ごせるお手伝いをしたいです。例えば、長寿の方の体内を研究することから派生して、サプリメントを作ることができれば、体内に不足しているものを補い、元気に長生きできると考えています。

またCOVID-19のように、これまで経験したことがない感染症に対して、バイオインフォマティクスで原因を究明し、社会貢献できる人材を1人でも多く育てたいですね。これらの目標を達成できるように、定年まで頑張っていきたいです。

池松 真也
Shinya Ikematsu

  • 沖縄工業高等専門学校 生物資源工学科 教授

1986年 産業医科大学医療技術短期大学 衛生技術学科 卒業
1991年 鹿児島大学 理学部生物学科 卒業
1993年 鹿児島大学大学院 理学研究科修士課程 卒業
1993年 明治乳業株式会社(現: 株式会社明治) 入社
2003年 名古屋大学大学院医学系研究科にて学位 博士(医学)取得
2006年から現職

池松 真也氏の写真

最新の記事

高専採用枠を10倍に拡大!家電開発だけじゃない「アイリスオーヤマ」で生かせる高専卒の力とは
舞鶴高専が目指す、地域や海外と連携して取り組む “人材育成や地域振興の形”とは
文系・理系のハイブリッド学科! 研究もキャンパスライフも謳歌できる神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 谷研究室の魅力