インタビュー

体育や部活で人間力やコミュニケーション能力を育成。スポーツを通じて、伝えたいメッセージとは

公開日
取材日
体育や部活で人間力やコミュニケーション能力を育成。スポーツを通じて、伝えたいメッセージとはのサムネイル画像

今回ご登場いただく香川高等専門学校の中瀬巳紀生教授は、体育がご専門。自身の経験を生かし、バレーボール部の指導にも力を注いでいます。教員になった経緯や、授業・部活動での教育活動について、お話を伺いました。

バレーボールの競技経験を生かして教員に

―バレーボールをはじめたきっかけは、なんでしたか?

中瀬先生が生まれ育った、能登半島の写真。
能登半島(見附島)

高校3年生まで石川県の能登で過ごしました。能登は山や海が近く自然が多い田舎で、のびのび育ったと思います。バレーボールを始めたのは中学1年生の頃でした。当時はスポーツと言えば野球の時代。さらに、能登町はソフトテニスがさかんだったので、小さい頃からテニスを習う子どもがたくさんいました。

そんな中バレーボールを選んだのは、中学に上がる時点で経験者が少なく、みんなと同じスタートラインに立てると思ったから。希望いっぱいでバレーボール部に入部しました。

学生時代の写真
学生時代の写真

最初はパスなどの基礎練習からスタートしました。ハードな練習もありましたが、地道に努力を重ねましたね。高校でもバレーボール部に入り、競技を続けました。顧問の先生は物理が専門で、理論的な体力トレーニングを組み立ててくださったのを覚えています。インターハイ常連校との力の差はありましたが、石川の県高校総体ではベスト4入りを果たしました。練習の成果が実ったのかなと、嬉しかったですね。

その後、筑波大学の体育専門学群に進学して、バレーボールを続けました。スポーツ推薦枠もありましたが、私は共通一次試験を受けた一般入学組。受験時には将来の職業として、何となく体育の先生を思い浮かべていました。大学での部活動は練習も準備もすごくハードでしたが、当時の経験や人脈は今の仕事に生かせていると思います。

―香川高専に着任することになった経緯は、なんでしたか?

胴上げされる先生
全国高等専門学校体育大会バレーボール競技大会 初優勝胴上げ

石川に帰って体育の先生になろうと思っていたのですが、採用枠が少なく、研究生として大学に残ることになりました。大学で授業や部活動の指導のお手伝いをしていた時に、香川高専での採用のお話をいただき、筑波大学のある茨城から香川へ赴任することになりました。

それまで香川には縁がなかったのですが、おおらかでゆったりとした地域性で、災害も少なく住みやすいと感じました。

高専の体育は週1コマで男女一緒。みんなが楽しめる授業の工夫

―高専の体育の授業は、一般的な高校とは違うのでしょうか。

全国高専大会優勝の祝勝会
全国高等専門学校体育大会バレーボール競技大会優勝 祝勝会にて

高校の授業は通常50分1コマで、体育の授業は週に3~4回あります。一方、高専では90分授業が週に1回だけ。さらに、高専は女子学生が少ないので男女一緒に授業をします。全員が楽しめるよう、体格や体力差を考慮して状況に応じた特別ルールを設けます。例えばソフトボールなら、女子学生は内野守備の送球は免除して、ボールをとるだけでアウトに。外野フライをキャッチしたら2アウトにするなど工夫しています。

年に一度のスポーツ大会では、昨年度から女子の種目に「かるた」を取り入れました。決勝戦はかなり白熱していたようです(笑)。

また、着任した昭和62年の12月から現在に至るまでの約30年間、バレーボール部の顧問として指導にあたっています。高専生は専門的な領域に入ると実験実習が多くなるので、練習時間の確保が課題のひとつです。土日も忙しくなることがあるので、バレー部では思い切って月曜・火曜は部活を休みにして、週に2日は完全休養を取るようにしています。また、ネットの位置を工夫してウィークポイントだったサーブレシーブを強化するなど、練習内容にも独自の工夫を加えています。

―高専ではどんな大会があるのでしょうか。

全国高専大会の優勝トロフィーと賞状
全国高等専門学校体育大会バレーボール競技大会 賜杯と賞状

高校のバレーボールは、主に「インターハイ」「春高バレー(全日本高等学校バレーボール選手権大会)」「国体」の3つの大会があります。一方、高専は長い間、夏の大会が年に一度あるだけでした。全国高専のバレー部顧問間では前々から、全国的な交流の場を増やしたいとの話が出ていたので、大学の先輩でもある木更津高専の篠村先生らとともに「高専インカレ」を立ち上げ、平成25年3月に第1回大会を開催しました。

―「高専インカレ」を立ち上げた目的は?

高専の学生たちが専門分野を追求するように、好きなことを一生懸命追求する気持ちは、学生にとって大切だと考えています。思い通りにいかなくて苦労したり、悔しい思いをしたりすることもありますが、それもまた自分を強くしてくれます。

全国大会があれば、スポーツを通して競い合うとてもいい機会になる。全国の学生たちと出会える「交流の場」としても、いいきっかけになると確信していました。「高専インカレ」はそうした思いが結実して生まれたんです。

高専インカレ開会式
高専インカレ開会式

「目指せ、高専日本一」を合言葉に長年指導を続けてきましたが、四国高専体育大会バレーボール競技では、2019(令和元年)年までに計14回の優勝を経験。平成24年度・平成25年度には二大会連続で全国高専大会優勝を果たしました。学問との両立が課題ですが、環境や目標をきちんと設定すれば練習に集中できます。生え抜きの経験者は少ないので、みんなで力を合わせれば上位入賞も夢ではありません。

自分の限界を越え、チームで目標を達成する。スポーツが育てる「人間力」と「団結力」

―体育の授業や部活動は、社会生活でどう役立ちますか?

校内での特別表彰される中瀬先生。
校内での特別表彰

高専は技術者を育てる学校なので勉強が本筋ではありますが、部活動との両立は不可能ではありません。どの領域でも、自分の能力がどこまで通用するか、精一杯力をぶつける場所は必要だと考えています。

人は追い詰められた時にこそ、本心が出るものです。部活動の中で、そんな人間の嫌な面を見ることもありますが、互いに信頼してうわべだけではない人間関係を築くことや、大きな目標に向かって何かを突き詰める力をつけることができます。

私自身の経験上、スポーツでも人生でも、苦しい状況を乗り越えるとその後は案外うまくいくことが多いんです。「神様がご褒美をくれたのかな」と思うくらい、なぜかいいことが起こる。悩んできた分、大きな達成感も得られます。

―指導で大切にしていることは?

全国高専大会2連覇時の胴上げ
全国高等専門学校体育大会バレーボール競技大会 二連覇胴上げ

どんな人にも状況にも、長所と短所、良い面とそうでない面があります。考え方や価値観の違う相手の立場に立って考えることができるかどうか。多様性を認め合える環境づくりは、クラスの担任をしていた時も、授業や部活動で指導にあたる時も、いつも直面する課題です。

体育の授業やクラス担任で自分が関わった学生には、やはり愛情が湧きますよね。彼らが将来技術者になるとしても、他者と関わって生きていく以上、人間力やコミュニケーション能力は必要不可欠です。相手の意見を聞き、自分の中でかみ砕いた上で意見をきちんと伝えられるようになってもらえたらと思っています。

中瀬 巳紀生
Mikio Nakase

  • 香川高等専門学校 一般教育科 教授

1987年 筑波大学体育専門学群卒業、研究生として同学科に在籍
1987年12月 香川高等専門学校(旧 高松工業高等専門学校)に赴任
2013年4月~2017年3月 香川高専高松キャンパス 学生主事
2013年4月~現在 全国高専バレーボール競技専門部委員長
2017年4月~現在 香川県バレーボール協会 理事長
1991年及び1999年には、全国高専総合体育大会バレーボール競技の競技委員長として大会に従事。四国高専体育でも過去5回にわたって責任者(競技委員長)として大会の運営に携わる。

中瀬 巳紀生氏の写真

最新の記事

研究テーマは「面白そうで純粋にやってみたいこと」。生涯研究者を志す、高専出身教員の思いとは
高専卒でないからこそわかる、高専の魅力。校長としてのさまざまな取り組みとは
萩生田文部科学大臣と対談! “破壊的イノベーション”に挑戦する研究者たちの思いとは